瞼のたるみができる原因と解消法を知ろう!瞼のたるみを解消していく方法をいくつか紹介します。【目の下のくま・たるみ~SBC湘南美容外科】

目の下のくま・たるみ

目の下のくま・たるみ
湘南美容外科

無料カウンセリングの
ご予約はこちら

お気軽にご相談ください

TEL

050-5865-5967

年中無休 AM10:00~PM11:00

まぶたのたるみ

瞼のたるみができる原因と解消法を知ろう

この記事が参考になったらクリック! 6 参考になった!
瞼のたるみができる原因と解消法を知ろう

人の顔のなかでも目の周りは、他の人からも良く見られる部分です。とくに、瞼にたるみができると、目元が重たくなってしまい、老けた印象を与えてしまいます。なかには、実年齢よりも歳を取っているように見られるのを悩みに感じており、解決したいと考えている方もいるかもしれません。
今回は、瞼のたるみを解消していく方法をいくつか紹介します。日々のケアに取り入れて、目元をすっきりさせましょう。

瞼のたるみの解消法にはクリームがおすすめ

瞼のたるみが起きてしまう原因には、加齢によってお肌の弾力が弱まってしまうことが挙げられます。つまり、肌に弾力を取り戻してあげることが瞼のたるみを取る上で大切なことと言えます。
そこでおすすめなのが、目に潤いやハリを取り戻すための成分が配合されたケアクリームを使用する方法です。ヒアルロン酸やコラーゲンが配合されたものや、潤い成分をふんだんに取り込んだクリームを目の周りに塗ってあげるだけで、改善を促すことができます。

日々のケアに取り入れるだけで解消を目指せるため手軽なのが、この解消法の特徴です。大きな手間も必要ありませんので、誰でも気軽に始められます。また、いずれの有効成分も、目の周りだけでなくお肌全体に良い効果をもたらすものばかりですから、フェイスケアの一環として取り組むのも良いでしょう。

瞼のたるみ改善に効果的なツボを刺激しよう

瞼が厚く腫れているように感じる方は、たるみだけでなく、リンパの流れや血行が悪くなってしまっている可能性があります。体の他の部分がむくんでしまうように、まぶたも血管が詰まってしまうとぷっくりとしてきてしまいます。もし、自分のまぶたが、たるんでいるだけでなく、厚くなっているように感じるのであれば、血行促進によって解決できるかもしれません。

瞼の血行を促進させるには、周辺にあるツボを刺激する方法が効果的です。実は、目の周りには、血行やリンパに関係するツボがたくさんあります。これは、目の周りに血管が集まっていたり、目に神経が集中していたりするためです。
たくさんあるツボのなかでも、眉の中央下にある魚腰(ぎょよう)というツボは、たるみ改善に役立つと言われています。親指のお腹を当てて、軽く抑えて15~20回程度刺激してあげましょう。この時に、眉を押し上げるようにするのがポイントです。こうすることで瞼を引っ張るマッサージにもなります。
また、目じりの少し外側にある瞳子膠(どうしりょう)というツボを刺激するのも、まぶたのたるみ改善に効果があると言われています。こちらは、人差し指の腹で軽くマッサージしてあげるのがおすすめです。刺激すると、まぶただけでなく目の周り全体を血行促進してくれますので、小シワ対策や肌状態の改善が期待できます。

エクササイズで瞼のたるみを解決しよう

肌のハリを支える重要な働きを司っているのは筋肉です。特に、顔には表情筋と呼ばれる細かな動作をする筋肉がびっしりと張り巡らされており、ここを鍛えることでお肌の弾力を良くして顔全体を引き締められます。もちろん、瞼のたるみを改善したい場合にも、表情筋を鍛えるのが有効です。

目の周りの筋肉を鍛えるためのエクササイズは、まぶたを動かす運動が基本です。おすすめは、まぶたを思いっきり開けてキープする方法で、これを続けることで目の周りの筋肉を引き締められます。
まゆ毛の上に両手を置き、おでこ全体を抑えて動かないように固定した後、目を大きく見開いて3~5秒キープしてみてください。この際に、おでこにシワが寄らないようにすることがポイントです。シワが寄っていると、目の周り以外の筋肉を使っていることになり効果が半減してしまう上に、おでこシワを作る原因になってしまいます。

こうしたエクササイズを日常的に行えば、だんだんとまぶたを持ち上げる筋肉が強くなって、垂れるのを防いでくれます。筋肉はきちんと使ってあげれば年齢に関係なく鍛えられますので、ぜひ挑戦してみてください。

まぶたのたるみをマッサージでなくす方法

まぶたのたるみを改善するさまざまな方法をご紹介しましたが、最後にマッサージによる解消法について知っておきましょう。
マッサージは、血行改善はもちろん、気になる部分にアプローチすることでシワの解消やリフトアップ効果も同時に期待できます。
方法は、目の下側を、目頭から目尻に向かって指先を滑らせることで、まぶたを刺激していくというものです。これを5往復程度繰り返したら、目頭の下を軽く押しながら眉の下の骨に沿って目の周りを優しくなでましょう。最後に、こめかみを親指で押さえながら刺激すると、目の筋肉の緊張がほぐれていきます。

これを繰り返せば、まぶたの周りの血行を改善して、たるみを解消できるでしょう。ただし、目の周りの皮膚は薄く傷つきやすいことに注意してください。あまり強く刺激してしまうと、傷つけてしまうかもしれません。ケアクリームを塗ってから行えば、この点も解決して保湿にも効果的ですので一緒に試してみてください。

この記事が参考になったらクリック! 6 参考になった!
無料カウンセリングの
ご予約はこちら

Pick Up
まぶたのたるみに関する記事一覧

人気のキーワード

全国どこからでも!

お気軽にご相談ください

湘南美容外科クリニック

TEL

050-5865-5967

年中無休
AM10:00~PM11:00

Ranking人気検索

Ranking参考になった!