目の下のくまを解消するために知っておきたいこと!目元からくまを取り去って、すっきりとした美顔を目指してください。【目の下のくま・たるみ~SBC湘南美容外科】

目の下のくま・たるみ

目の下のくま・たるみ
湘南美容外科

無料カウンセリングの
ご予約はこちら

お気軽にご相談ください

TEL

050-5865-5967

年中無休 AM10:00~PM11:00

くま

目の下のくまを解消するために知っておきたいこと

この記事が参考になったらクリック! 11 参考になった!
目の下のくまを解消するために知っておきたいこと

目の下にできるくまは、睡眠不足や疲労が溜まった際に現れるという方もいるでしょう。しかし、それだけでなくできてしまうのが、女性にとっては悩ましい問題です。できてしまうと、まわりからも心配されてしまう上に、黒ずんでしまったり、青あざのようになってしまったりと見た目にも良いものではありません。

今回は、そんな目の下のくまの原因や、解消するために知っておきたいポイントについて紹介します。これを参考に、目元からくまを取り去って、すっきりとした美顔を目指してください。

目の下くまに効果的なマッサージ

くまのなかでも目立ちやすく疲労が溜まったように見せる青くまは、血行が悪くなることが原因です。これは、くまのなかでも最も一般的なもので、疲労やストレス、体調不良によって、目のまわりにある毛細血管の血流が阻害されてしまうと、血液がこの部分に溜まりこんでしまい、目立つようになります。そのため、目の下くまの解消には血行を促進させてあげるマッサージが効果的です。

方法は、両手の人差し指か薬指にケアクリームを付けたあとに、目頭の下あたりからこめかみまで円を描くように刺激していくもので、5回程度を目安に繰り返すとよいでしょう。
血流を意識しながらくまの外側へ押し出すようなイメージで行うのがコツです。このマッサージを繰り返していくと、同時にまわりのツボも刺激できるため、疲労回復にも効果があるとされます。

目の下にくまができる原因を知ろう

目の下は、顔の皮膚のなかでもひときわ薄い部分で、血管に老廃物などが溜まると、すぐ膨らんだり、色が透けて見えたりしてしまうのが特徴です。くまは、この状態を指すもので、上記で説明した青くま以外にも、茶くまと黒くまと呼ばれるものがあります。これらは、どれも原因が異なります。対策をする前に、まずは自分のくまがどれに該当するのか知っておきましょう。

・青くま
血行が悪くなることにより、老廃物を含んだ色の黒い血が目元に溜まってできるくまです。睡眠不足や疲労によっても引き起こされるので、くまと言われると一般的には、この青くまをイメージする人が多いです。

・黒くま
皮膚がたるんだことで目元に影が付いた状態のくまです。たるみは、加齢などによって皮膚の弾力が失われてしまうと起きるものですので、疲労やストレスを解消するだけでは、黒くまを解決することはできません。

・茶くま
目元に色素が沈着してしまい、できるくまです。頻繁に擦ったり、紫外線を浴びたあとにケアを怠ったりすると現れます。

くまと呼ばれる目元の見た目の変化は、これらの3つがあります。自身にできているくまがどれか見分けるには、目尻を軽く横に引っ張ってみる方法が手軽です。もし、引っ張った時に、くまの色が薄くなるのであれば青くまか黒くま、色が変化しなければ茶くまと言えます。
青くまと黒くまの違いは、ファンデーションを塗った時に薄くなるかならないかで判断しましょう。青くまであれば、内側の血管の色に左右されますので、ファンデーションで薄くなります。一方で、黒くまの場合にはたるみによってできた影が原因ですので、ファンデーションで色が薄くならないのが特徴です。

目の下のくま解消に役立つ方法

3つの原因でできるくまは、それぞれ解消方法も異なります。まわりから聞いたり、調べてみたりした方法でうまくいかない場合には、対処方法がそのくまに合っていないのかもしれません。下記を参考に、自分のくまに有効な手段を見つけてください。

・青くま
青くまは血行不全が原因ですので、解消のためには血行を促進するのが有効です。冒頭で紹介したようなマッサージや、スチームアイマスクなどが効果的です。
また、疲労やストレスの元を取り除くことも大切です。休日は、目を休ませるためにコンタクトを付けずに過ごしたり、寝不足を解消したりすることでも薄くなっていくでしょう。

・黒くま
皮膚の弾力が失われて、たるんできてしまうことが原因の黒クマは、肌のお手入れによって解消を目指すのが基本です。肌の弾力は、潤いを与えることで取り戻せます。コラーゲンを配合したクリームやジェルを利用してくまのまわりをケアしていきましょう。
この際、マッサージを兼ねてとついつい強く押してしまいがちですが、刺激するとかえって色素沈着をうながしてしまう可能性があります。茶くまになってしまうかもしれませんので、優しく刺激するように意識してください。

・茶くま
茶くまは、目元の皮膚にダメージが蓄積されたり、摩擦が生じたりすることが原因ですから、普段から刺激を与えないように注意する必要があります。
もし、できてしまった場合には、美白対策で解消を目指しましょう。できれば年中、特に紫外線の強い時期にはUVケアを徹底します。合わせて、しみに有効な成分であるビタミンC誘導体の含まれる美白化粧品を使用してスキンケアをするのが効果的です。

できてしまった目の下のくまを美容外科で治療する

美容外科では、すでにできてしまったくまを除去するための治療を取り扱っています。治療方法は、くまの種類や程度によっても異なりますが、目元を切開する方法や有効成分を直接注射するような治療が可能ですので、自身でケアをするよりも劇的な効果が期待できます。
例えば、黒くまを自分で解消するためには、マッサージやスキンケア商品で地道にアプローチしていくしかありません。しかし、美容外科での治療であれば、原因となっている余分な脂肪を切開で取り除いたり、皮膚を引っ張り上げてたるみを解消したりすることが可能です。

もし、目の下のくまがなかなか治らずに悩んでしまっているのであれば、美容外科を利用するのも選択肢でしょう。くまを改善するだけで若々しく見えるようになるため、まわりからの印象もずいぶんと変化するはずです。

この記事が参考になったらクリック! 11 参考になった!
無料カウンセリングの
ご予約はこちら

Pick Up
くまに関する記事一覧

人気のキーワード

全国どこからでも!

お気軽にご相談ください

湘南美容外科クリニック

TEL

050-5865-5967

年中無休
AM10:00~PM11:00

Ranking人気検索

Ranking参考になった!