目の下のくすみを改善するポイント!目の下のくすみができる原因とその対策、解消方法について紹介しましょう。【目の下のくま・たるみ~SBC湘南美容外科】

目の下のくま・たるみ

目の下のくま・たるみ
湘南美容外科

無料カウンセリングの
ご予約はこちら

お気軽にご相談ください

TEL

050-5865-5967

年中無休 AM10:00~PM11:00

くすみ

目の下のくすみを改善するポイント

この記事が参考になったらクリック! 3 参考になった!

目の下に黒ずんで見えるくすみは、そのままにしておくと、周りから疲れたように見えてしまったり、老けて見られたりと悩みの種になってしまうものです。人によっては、若いのにもかかわらず実年齢よりも高く見られてしまい、ショックを受けたという方もいるのではないでしょうか。
顔のなかでも目の周辺は、周りからも見られやすい部分ですから、目元にくすみがあると目立ってしまいます。今回は、目の下のくすみができる原因とその対策、解消方法について紹介しましょう。

くすみ原因は血行やストレスだけではありません

くすみとは、色素が沈着してしまったり、血行が悪くなったりして、肌が影のように暗くなって見える部分のことです。よく似たものに、しみがありますが、こちらは色素が原因で、他の部分との境界がはっきりしていますが、くすみの場合には見た目ではわかりづらいのが特徴です。

くすみができてしまう原因には、二つが挙げられます。一つは、くまと同じくストレスや疲労による血行悪化や、リンパの流れが悪くなってしまうことです。血行が悪くなると、新陳代謝も悪くなってしまい、老廃物の含まれる色の悪い血液が一部分に溜まりがちになります。これがくすみの発生している部分です。
もう一つは、新陳代謝が悪くなることで肌の若がえりが正常に行われなくなり、古い肌が残ってしまうことです。お肌の生まれ変わりが遅れてしまっている部分は、その他の部分と比べて黒っぽい色へと変色します。これが、くすみと呼ばれる部分です。

くすみ改善をするケア方法を知ろう

顔の一部分にくすみができてしまうと、老け顔に見えてしまったり、疲れ顔になってしまったりします。そのため、もし自分の顔に発見したらできるだけ早いタイミングで対策をしたいところです。ところが、上記で説明したとおり、くすみのできる原因は一つではありません。間違ったケア方法をとっても、改善できませんのでそれぞれに合った解決方法を知っておきましょう。

・血行不良によるくすみ改善
寝不足が続いたり、疲労が溜まったりしてくすみが顔に表れるようになった場合には、きちんと休養をすることが何よりも大切です。しかし、忙しい方のなかには、なかなか休養の時間が取れないという方もいるかもしれません。
その場合には、血行を促進させるために顔のマッサージを行ったり、蒸したタオルを顔にかけて温めたりする方法が効果的です。もちろん、これだけでは根本的な解決にはなりませんので、最終的には生活習慣を改善できるよう意識してください。

・加齢によってできたくすみ改善
お肌のターンオーバー力が弱まってしまったために、くすみができてしまった場合には、古い肌を取り除きながら、新しい肌ができるのをサポートするケアが効果的です。アンチエイジング効果があると言われるヒアルロン酸や、肌の生まれ変わりを助けるビタミンC群の摂取がおすすめです。
また、美白ケアやUVケアも、くすみ対策になります。日ごろのケアから取り組んでいけば、くすみをだんだんと目立たなくできるでしょう。

目の下のくすみは美容外科で治療できる

顔の目立つ部分にくすみができると、余計に気になってしまう方もいるでしょう。特に、目の下にできるくすみは、くまと同じくお化粧でもごまかせないことがあり、なんとか解消したいものです。ところが、自分自身で美白ケアや、上で説明したような対策をとっても、効果が現れるまでに時間がかかってしまうことも少なくありません。

そこで、美容外科でくすみを治療してしまうのもおすすめです。特に、色素沈着してしまったくすみの場合には自分で解決が難しいですが、美容外科での専用機器を用いれば簡単に取り除けます。目の下のくすみを取れば見た目に大きく若がえりが目指せますので、試してみてはいかがでしょうか。

目の下のくすみ消しには二つのアプローチが必要

上記でも説明したとおり、くすみのできる原因は大きく2種類あります。ところが、いずれの要因も重なる形で、くすみが発生してしまうケースも少なくありません。特に目の下にできるくすみは、皮膚が薄いことやくまと一緒に発生しやすいこともあり、その解決は一筋縄でいかないことが多いです。

そこで、くすみを解消する際には、二つのアプローチをしてみることを念頭におきましょう。それは、自分自身でケアをしてみることと、美容外科を利用してみるという方法です。自分自身のケアで限界が来た際に、無理をして続けるとかえって悪化してしまう可能性があります。そのため、最初から「自分で試して難しかったら受診する」という気構えでいた方が、リスクを少なくできるのです。

美容外科では口元や唇のくすみに対する治療も可能

くすみは顔の至る部分に発生する可能性があります。なかでも厄介なのが、口元や唇にできるくすみです。この部分は、口に近いこともありデリケートで、自分自身でケアをするのはなかなか難しいでしょう。特に、唇やその周辺はスキンケアが難しい部分です。美白化粧品も使いづらく、自身でのケアを諦めなければならないケースもあります。

そういった時にも利用できるのが美容外科での治療です。クリニックによっては、口元や唇にできたくすみにも対応しており、レーザーをはじめとした専用の機器で解決できます。諦めていたくすみも解消できれば、見た目が良くなるだけでなく自分の悩みが解消されて、気分も晴れやかになるでしょう。まずは、美容外科での治療について調べてみましょう。

この記事が参考になったらクリック! 3 参考になった!
無料カウンセリングの
ご予約はこちら

Pick Up
くすみに関する記事一覧

人気のキーワード

全国どこからでも!

お気軽にご相談ください

湘南美容外科クリニック

TEL

050-5865-5967

年中無休
AM10:00~PM11:00

Ranking人気検索

Ranking参考になった!